鹿児島の海2 〜錦江湾に潜る〜
DCIM/100MEDIA/DJI_0016.JPG

鹿児島の海2 〜錦江湾に潜る〜

こんにちは。今日は前回に引き続き鹿児島の海2日目のご報告です。初日は長水路というポイントで海藻とたわむれまして、夜は松田君やSBのスタッフさんに鹿児島の郷土料理のお店に連れていってもらいました。豚のしゃぶしゃぶに、さつま揚げ、キビナゴなんかを食べながら普段はあまり飲まない焼酎のお湯割を飲みました!鹿児島、夜も最高です!!
そんな夜からの2日目はボートに乗って錦江湾という場所でのダイビングです。目の前に桜島を見ながらのダイビング。鹿児島にいるっていうのを全力で感じます。

ボートポイントの目の前に有名な桜島が!


初日もそうだったのですが、今回の鹿児島ダイビングで感じたのは1本1本のダイビングにしっかりとしたテーマがあることです。葉山で潜っているとボートポイントなどは場所が決められているために、その決められた場所の中でいかに生物を探し出してくるか!というのが僕達ガイドの大きな役割となってきます。鹿児島のダイビングは自分の好きな場所で潜れるということで、明確なテーマを持てる場所に潜ることが出来る!というのがすごい強みだなって感じました。勿論、その場所を探し出す努力も凄い努力なんだと思います。今回でいうと初日のテーマは海藻。2日目の1本目はアカオビハナダイ!こんなにアカオビハナダイが沢山いて良いのか!!!っていう数で群れています。写真はTG5で撮影したのですがこのポイントは全力で1眼が欲しかった!どうしてもコンデジでは光量が足りません。

どうしてもコンデジの限界を感じてしまいましたが、とんでもない数のアカオビハナダイが群れています。

アカオビハナダイを水深20mくらいで撮影した後は根の上に上がってくると、そこはサンゴ畑とイソギンチャク畑。イソギンチャクの群生もお見事でした!

根の上には豊富なサンゴ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA イソギンチャク畑もすごい面積でした!

勝手に僕のお気に入りになったのは、このシコロサンゴという珊瑚。丸くてころっとしていてなんとも可愛い珊瑚でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA丸々していて可愛いサンゴ

初日に引き続き全身で今まで見たことのない光景を堪能させてもらった後は、約1時間船の上で休憩です。昔、松田君がフェイスブックにアップしていた水中から飛び出してくる動画をどうしても撮りたくて、今回の旅行に来る前からお願いしていた動画をこの休憩時間に撮影しました。その動画がこちら!みなさんにも鹿児島に行ったらぜひリクエストしていただきたいです。撮影後は松田君がうまい具合に編集してくれます。

うちのスタッフ、パー子が担当している世界で1番不安定なドローンでも松田君の船とみんなを撮影しました。なんかちょっとドローンの操縦がうまくなってきたのを感じることができました(笑)

DCIM/100MEDIA/DJI_0016.JPGパー子操縦のドローン

いっぱいのことをして2ダイブ目に。2本目のテーマはサクランボウという鹿児島でしか観察できない(多分)、ネジリンボウというハゼが少し赤みがかったような珍しいハゼを見に行きました。今の水温が低い季節はすぐに穴に入ってしまうと聞いていたのですが、その入りっぷりが凄い!遠くでカメラをいじってるだけでもういない(笑)。この時もコンデジの限界を感じてしまいました。。ただ水温が上がればがんがんに寄れるということで、絶対にまた撮りに来ようと誓ったのでした。


他には葉山では勿論観察できないヒトデやセンジュイソギンチャクのものすごい群生などを観察してきました。
今回潜ってもう一回1眼持って遊びに来よう!って思いました。後は葉山に来てくれているお客様にも是非撮影していただきたい海でした。個人的にも行っていただきたいし、お店のツアーでもまた遊びに行けたらなって思っています。
本当に楽しいダイビング2日間でした。

SBスタッフの皆様、松田くんご夫妻、本当にありがとうございました!!

当日や前日でも後払いで宿予約が可能 | ミニッツ

 

コメントを残す

メニューを閉じる